2008年05月19日

これからアロマを始められる方へ

アロマテラピーをこれから始められる方に
知っててもらいたい事があります。

まず、精油は薬ではないということ。
重い病気の方や慢性的な疾患をお持ちの方は
必ず使用する前に病院に行って医師に相談してください。
(否定される事が多いと思いますが(^^;;)
妊婦さんもお腹の赤ちゃんに影響がでたりするので
産婦人科などで先生にご相談されてからにしてくださいね。

また、アロマテラピーは医療でもありません。

アロマテラピーはあくまでも自然療法でありますので
医療ではありません。
診断や治療などは医師以外はできないのです。
なので、医師の診断を受けた上で
それから自然療法の一つとして
アロマテラピーを始めてください。

これはアロマテラピーを始めるにあたって
と〜っても大切な事です。

ちょっと、自転車で例えてみますね(^^)
病院で治療を受けてる方は
今は片足でペダルをこいで前に進んでる状態です。
アロマテラピーを使用しることにあたって
両足でペダルが踏めて前にすすめる・・・
こんな感じで思って欲しいのです。

趣味で香りだけを楽しまれてる方は
あまり気にしなくてもいいのですが
病気の方はアロマ(精油)の効能を全て鵜呑みにしないで
病院に行って、そしてその補足として
アロマテラピーを活用してもらいたいのです。
アロマだけで治る!!なんて決して思わないでくださいね☆
症状が軽い方には効果は出るとおもいますが
そうじゃない方は、必ず医師の診断をうけてください。

いきなり両手ばなしにしちゃうと
こけちゃいますからね(^^;;



posted by クミ at 15:54 | アロマテラピー

2008年05月14日

私のアロマ

今日は私自信が主に使用してる
アロマを紹介します。

これらのアロマは一般のお店では売ってません。

アロマの中でも最高品質と言われてる精油です。
その分、お値段も高いですが・・・。

レインドロップをする時に必ず1番最初につけるのが
ヤングヴァラーです。
【調節】という意味をもつこの精油は
ブレンドオイルの中で人気No.1です。
勇気や自身、自尊心を養ってくれる香りで
心と体のバランスを整えるのを助けるために
ブレンドされたオイルです。
アーモンド油、スプルース、ローズウッド、ブルータンジー、
フランキンセンスがブレンドされてます。

ヤングヴァラー

レインドロップとは心と体のヒーリングで
心と背骨のひずみのバランスをとってくれる
いわば、自然自力整体ですね(^^)

これが終わった後、ヴァイタフレックス(足のヒーリング)
を行ないます。

この時にもヤングヴァラーで整えてから
足の反射点(ツボ)に対応したエッセンシャルオイルを
使用します。

使用する精油は、その時々によって違うのですが
熟睡したいときはピースアンドカーミングを
使用します。

【やすらぎ】の意味をもつこのピースアンドカーミングは
やさしい香りでゆったりとした気分に導いてくれる
ブレンドオイルです。
タンジェリン、オレンジ、イランイラン、パチョリ、
ブルータンジーがブレンドされてます

ピースアンドカーミング

もう一つ、私の1番のお気に入りの精油
ホワイトアンジェリカ

ホワイトアンジェリカ

【守護】の意味を持つこのホワイトアンジェリカは
マイナスのエネルギーに負けそうな時に使用します。

アーモンド油、ベルガモット、ゼラニウム、ミルラ、
サンダルウッド、ローズウッド、イランイラン、
スプルース、ヒソップ、メリッサ、ローズ
がブレンドされてる精油なのですが
効果は抜群ですね☆

ほとんどのエッセンシャルオイルのメーカーは
原液のみの塗布やエッセンシャルオイルの
服用は認められていません。
でも、ここの製品のアロマ精油は
原液塗布(注意事項はあり)や服用ができる
おまけにサプリメントとしても使えるのです。

じっくり時間をかけて栽培時期や場所、抽出工程など
それぞれのエッセンシャルオイルに一番あった方法で
製造されているのです。

愛用のホワイトアンジェリカ・・
光毒性をもつ成分を含むので
使用後は肌を紫外線にさらさないようにしなくちゃ
いけないんですよね(ーー;)

まだまだ種類はいっぱいありますが
ここのブレンドオイル(精油)は
本当にいいです。

飲める・直接肌につけられる・・
そして安心して使用できる。。ということから
私はここのアロマが1番すきですね☆







posted by クミ at 08:53 | アロマテラピー

2008年05月13日

アロマテラピー

今日は、アロマテラピーがどのように
活躍しているのか・・・という
説明をさせてもらいますね☆

まず、家庭で香りを・・好きな香りを日常生活の
中に取り入れて香りだけを楽しむ。
(これが1番多いと思います)

また、健康の保持
身体の調子が悪い方、例えば、身体のだるさ
肩こり、冷え・・など病院に行くほどでは
ない方がアロマの香りで保持します。

次はエステなど、美容を目的にアロマを使用されてます
お肌のケアにアロマテラピーを取り入れることで
期待される効果が得られるので
エステサロンなどでは注目されてます。
実際、アロマを使用してのエステも多くなってきました。
また、サロンではリラクゼーションを行い
ストレスや疲れを癒す・・といったことも行なわれてます。

以外だったのは、マッサージ師や鍼灸師が施術をより
効果にするためにとりくまれたりしてます。
耳鼻科などでも活用されてるのですよ。

最後に、医師の治療や治療補助としても
このアロマテラピーを実施されてる所も
多くなって来てます。
メディカルへの対応についても研究もさかんに行なわれてる
みたいです。

では、メディカルアロマテラピーとは?
と言うと・・・・。
まず、実際にどのような症状にアロマテラピーが
活用されてるかを簡単にまとめてみますね。

不眠症やパニック障害
高血圧の方、糖尿病の方、肥満症などなど
生活習慣病
ボケばどのリズム障害
便秘改善
風邪や、インフルエンザ、気管支炎など
花粉症、アレルギー・アトピー
産前、産後、月経困難、更年期障害
などなど・・・

他にも医療の現場で看護にアロマテラピーを取り入れてる
病院は増えつつあります。

ただ、ここで気をつけてもらいたいのは
雑貨店やデパートなどで売られている
アロマはこれら施術に使用されるアロマとは
違います。
精油の濃度が全く比べ物にならないくらい
違うのです。
もし、使用するなら科学農薬を使用してない
有機農法栽培→オーガニック栽培の植物を使用した
精油を使ってくださいね。


posted by クミ at 16:21 | アロマテラピー

2008年05月09日

足の裏のマッサージ

今日は、精油とキャリアオイルを使用して
足の裏の反射区のマッサージをしました(^^)

足の裏ってね、人間の身体全体が足の裏に
凝縮されてるんですよ☆

私は毎日この足の裏の反射区の
マッサージは欠かしません。
反射区を刺激して、その反射区につながってる
器官の健康維持のため毎日ツボ押ししてます。

足の裏をマッサージする時に
気をつけてもらいたいのは
あまり強く押しすぎないで
気持ちがいい程度の力かげんで押す事です。

また、足の裏だから・・・じゃなく
足のうらだからこそ・・・という気持ちと
足の裏に精油をすり込むので
清潔にしておく必要があります。

精油は直接お肌につけられないので
必ずキャリアオイルで希釈して
ブレンドされたマッサージオイルを作って
それを使用してマッサージを行なってくださいね☆

足の裏を刺激すると血液やリンパの流れも
よくしてくれますので
身体の老廃物も排出されて、肌も綺麗になるんですよ。
健康と美容と、両方に効果あり!

試しに、疲れた日にこの足の裏のマッサージをしてから
休まれてみてください。
翌日の体調が全然ちがってきますよ(^^)

足の裏の図がかけないので
説明できないのが残念です。
posted by クミ at 20:59 | アロマテラピー

2008年05月06日

アロマ教室

昨日は10:30〜アロマ教室を
我が家で開催しました。

お昼のランチをはさんでの
講習でした☆

お昼のランチはパスタバイキング。
シソのパスタ・ミートパスタ・きのこパスタ
ペペロンチーノ・セロリとレタスのパスタ
ホタテのスープで皆さんと楽しみました。

お昼を食べてから勉強会です。
はじめに、アロマテラピーとはどういうものか
また、エッセンシャルオイルとはどのようなものか
などなどを2時間に渡りお勉強してもらってから
ディータイムに(^^)

今日のティータイムはベルガモットの紅茶。
甘い柑橘系の香りが
疲れを癒してくれました。

ティータイム後は精油の香りを知ってもらう為に
皆さんに香りを嗅いでもらいました。
そこで香りの分類
柑橘系・フローラル系・ハーブ系
樹木系・樹脂系・エキゾチック系・スパイス系
を覚えてもらい、それからコスメ作りに・・・

今回は化粧水です。

ラベンダーのフローラルウォーターに
好みの精油を(香り)を選んでもらって
そこに精油を入れてブレンドします。
普段自分が使ってる化粧水には使用はしませんが
今日はこれにアロエベラパウダーとトレハノースを
入れて出来上がり♪
乾燥肌の方にはグリセリンを入れてしっとり用に☆
皆さんとっても喜んでくれました☆(と思います)

18:00までの教室でしたが
とっても楽しい時間を皆さんと過ごせた事に
感謝してます。
ありがとうございました☆

posted by クミ at 12:11 | アロマテラピー

2008年05月04日

脳を活性させたい時に

今日は睡眠不足もあってか
集中力がかなりダウンしちゃってます。
やりたい事はいっぱいあるのに
集中できないもんだから
上手く生活のリズムも回りません。

ご飯を作るつもりで台所に行ったのに
なぜか掃除してたり(^^;;
なにやってんだか┐(-。ー;)┌

もうすぐお客様も来るので
アロマを使用して集中力アップをはかりたいと思います。

まずは、お部屋にディフュザーを使用して
レモンとローズマリーの精油をブレンドした
ものを炊いて芳香浴。

芳香浴をする前は必ずお部屋の空気を
1度新鮮なものにしてあげてくださいね。

ローズマリーやレモンは脳の働きを活性させる
作用があるので、集中できない時には特にオススメ。
記憶力もアップするんですよ!
おまけに、無気力感がある方は無気力感も改善してくれるので
家事や仕事などはかどりますよ☆

おかげで・・・ブログ更新ができちゃいました(^^)

ブログも更新できたし、お客様も今日は
お泊りでくるので今から大掃除です( ̄m ̄〃)

posted by クミ at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピー

2008年05月03日

ホワイトアンジェリカ

今日は私の愛用のアロマの紹介です。

常に常備してて毎日絶対に使用するのが

ヤングヴァラー
【調整の意味を持ちます】

この精油はブレンドオイルの中で人気No.1です。
マッサージの時には必ず使用します。

原材料は アーモンド油、スプルース、ローズウッド、ブルータンジー、フランキンセンス が入ってます。
甘くてブルータンジーの瑞々しい香りがします。

心と体のバランスを整えるのを助けるために
ブレンドされたオイルなのでマッサージの最初と最後に
必ず使うようにしてます。

ホワイトアンジェリカ

この精油は私が1番大好きな精油です。

ホワイトアンジェリカは【守護の意味をもちます】

原材料はアーモンド油、ベルガモット、ゼラニウム、ミルラ、サンダルウッド、ローズウッド、イランイラン、スプルース、ヒソップ、メリッサ、ローズがブレンドされてます。

香りを伝えられないのが残念ですが・・・。
優美な花とサンダルウッドの落ち着く香りがします。

マイナスのエネルギーに負けそうな時
プラスのエネルギーが合わさって
ホワイトアンジェリカの香りが味方になってくれる・・
そんな精油です。

ただ、この精油には光毒性をもつ成分を含むので、
使用後は肌を紫外線にさらさないように
注意が必要となります。
なので、これを使用する時は
頭のてっぺんにつけたり、足の裏のマッサージに
使ったりしてます。

次に好きなのが

プレゼントタイム
【今】という意味をもつ精油です。

原材料はアーモンド油、ネロリ、スプルース、イランイラン
がブレンドされてますが、ネロリの香りが強く
これもとってもいい香りがします。

過去や後悔を引きずって生きている方にオススメで
『今』という瞬間に生きている気持ちを促す
力強い香りが感謝の気持ちで満たし、
現在(プレゼントタイム)への意識を高め、
前へ進む自分を輝かせてくれるそうです。

後は、毎日体重を維持するために
レモンのアロマを飲んでます☆

今日ご紹介したアロマは通常お店では売っていないもの
ばかりです。
波動レベルから調整するセラピー等級のアロマ(精油)で
飲む事もできます。(飲めないのもあるけど)

通常のお店で売ってるアロマ(精油)は
絶対に飲まないでくださいね(^^)

香りを言葉で伝えるのって・・・むずかしいね・・。




posted by クミ at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピー

精油の取り扱い注意点

精油は純度が非常に高くてとってもパワーがあります。
そのため使用法や保存法など他
やってはいけない決まりがあります。

@直接肌につけないこと
A精油をのまないこと
B妊婦さんへの注意
C乳幼児や子供への注意



精油は引火するおそれもあるので
火元での取り扱い、使用には十分な注意が必要です。

では、1個づつ説明しますね。

@の精油は直接肌につけてはいけない・・・というのは
精油は純度が非常に高いので刺激が強すぎます。
なので、必ずパッチテストなどを行い
キャリアオイルで希釈(薄める)してから
肌への使用をするようにしましょう。
ただ・・・メーカーによっては
直接肌につけても大丈夫な精油もあります。
精油についてる成分表をよく見て使用しましょう。

Aの精油は飲まないでください・・・は
一般のお店で売られている精油は飲めないものばかりです。
(私が使用してる精油は飲めますが・・・)
もしも、誤って飲んでしまったら、すぐに口をすすぐか
病院で医師の診断をうけてください。
また、乳幼児などの誤飲には最も注意が必要となってきます。
(目に入ってしまった場合も同様です)

B妊婦さんへの注意・・・・は
また改めて詳しく説明させてもらおうと思いますが
妊娠中には使用できない精油が沢山あります。
通経作用のある精油は絶対に使用しないようにしましょう。

Bの乳幼児や子供への注意・・・は
アロマテラピスとさんの考え方、また使用してる
精油のメーカーなどにもよって変わってきますが
私は5歳以下の子供には使用しないほうがいいと思います。
マッサージや芳香浴も乳児は特に使用できない精油がありますので
安全の為、5歳以下の子供がいる部屋での使用は控えましょう。
お風呂も同様です。

と、こんな感じで長々と書きましたが
そのうち、アロマの教室を開きたいと思ってます。
皆さんに、アロマの素晴らしさ、また、美容と健康を
保つためにも是非アロマテラピーを多くの方に
知ってもらいたいです。

ブログに書いてる精油の注意点などは
一般のお店に売られてる製品のことです。
私の使用してる精油は飲む事もできますし、
直接肌につけることもできます。

今度は私の使用してる精油の事を書きますね(^^)

タグ:美容 アロマ
posted by クミ at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピー

2008年05月02日

今日は疲れたので・・・

今日は朝からバタバタ状態。
お客様は来るし・・・
夕方は病院。
おまけに初七日の4週目でもあったので
おもてなしやらなにやらで・・・もうクタクタです。

なので、アロマでリラックスしようと思います。

リフレッシュしたいので
今からベルガモットの精油を使用して
バスソルトを作って
それを入れて全身浴をしようと思います。

疲れた時には全身浴が1番☆
心の緊張と身体の疲れをほぐしてくれます。
香りでヒーリングですね。

アロマバスでの効果は
鼻から香りを楽しむ芳香浴の効果
皮膚に精油が浸透していく効果
の2つの効果が得られます。

美容目的の時は半身浴をするのですが
今日は全身浴でリラックスです。

私はバスソルトを使用しますが
お肌が敏感じゃない方は精油を5滴
入れてよくかき混ぜてから入るといいですよ。
肌が敏感な方は必ず天然の塩を大さじ2杯ぐらい入れてから
精油を入れるようにしてくださいね。

あと、妊娠中の方や1歳以下の方は
精油を入れたお風呂には入らないように注意してください。
5歳以下の子供が入る場合は
精油の量を減らしてくださいね☆

タグ:アロマ 美容
posted by クミ at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。