2008年10月28日

アロマセラピスト

皆さんこんばんわ☆
シリーズかしてるアロマテラピーの資格
最後のマロマセラピストについて
今日はお話しさせてもらいます☆

アロマセラピストはアロマテラピーの専門として
一般の方にアロマテラピーを使った
トリートメントやケアなどを提供できちゃう
能力を認定する資格です☆

アロマテラピーアドバイザー資格取得者が
協会の示すアロマセラピストが身につける
知識、能力を学ぶ14項目目のカリキュラムを
取得し、アロマセラピスト学科試験
ボディートリートメント実技試験・カルテ審査を
受けて合格して登録すると認定されます。

アロマセラピスト標準カリキュラム一覧です☆

アロマテラピーの定義
ホームケア論
コンサルテーション理論及び実習
日本アロマ協会
健康学
ケーススタディ
精油学総論
解剖生理学
ボディトリートメント理論
精油学各論
衛生学
アロマセラピストの心得
基材論
心理学
ボディトリートメント実技
カルテ審査

です。
一次試験と二次試験があり
学科試験合格後に実技試験とカルテ審査があります。
これに合格し、登録手続きをとると
認定されます。
認定校で所定のカリキュラム終了各種手続きをすると
二次試験が免除となります。

英国IFAの資格のIFA認定アロマセラピストは
日本国内のみならず、国際的に通じるアロマセラピストとして
活動できる資格です。
筆記試験と実技試験とがあり、試験合格者は
イギリスの本部に正会員の登録申告をしたあと
IFA認定アロマセラピストのタイトルが授与されます。

この資格を取得するためには

IFA認定アロマセラピストの試験を受験するためには
240時間の必須科目があるほか、試験には実技も含まれます。
日本国内にあるIFA認定校でその必修科目と実技を学ぶ
のが確実☆
モチロン、英国で学ぶことも可能です。


英国ITECの資格

ITEC APM(解剖生理学&ホリスティックマッサージ
ディプロマ(国際資格)

プロフェッショナルとしての基礎になる資格です。
このディプロマを取得した後、次のステップとして
アロマセラピーディプロマやリフレクソロジーディプロマ
を取得することができます。

とまぁ、このような資格がアロマセラピストには
あります☆

アロマセラピストの資格を取得すると
サロンワークや講師活動、医療現場での活動
ショップスタッフ、福祉の現場、ホームケアとして
香りのプロとしての場がたくさんあります。
老人介護やホスピスなど、福祉の現場でも
アロマテラピーを取り入れられるところが
増えてきました。
こういった福祉の現場ではボランティアとして
活躍されてる方も多いです。

講師活動では精油の基本的な知識と、アロマテラピーの
楽しさを知ってもらい、生活に役立てることを
目的とし、専門分野でどのように導入するとよいかなどの
指導をしたりします。

実際、アロマ教室で生徒さんがアロマテラピーを
心身に大きく作用する自然療法だということを理解してくれたり
習ったことを自分や家族にアロマを使ってくれると
とてもうれしいです。
生徒さんの声が私にとって教える事の
楽しさにもなっています☆


posted by クミ at 03:30 | アロマテラピーの資格

2008年10月26日

アロマテラピーインストラクター

こんばんわ☆

昨日のアロマテラピーアドバイザーの資格の次に
取得できる資格のアロマテラピーインストラクターの
お話を今日はさせてもらいますね☆

な〜んか、シリーズか?しちゃってますが
アロマセラピストまでの資格の内容について
しばらく続けさせてもらいます<(_ _)>

今日は、サラッと書かせてもらいますね☆
更新後はレインドロップマッサージを行うのでd(*⌒▽⌒*)b

自分や家族だけでアロマを楽しむだけでいいと
いう方には関係ないお話かもしれませんが
アロマの知識や技術を生かして
お仕事であったり、また、ボランティアであったりと
アロマをもっと極めたい?方には
アロマテラピーインストラクターの資格を取得するのを
お勧めします☆

アロマテラピーインストラクターの資格は
アロマの専門家として、一般の方に正しく
また、安全なアロマテラピーの楽しみ方を指導できる
知識と能力を持っているよ♪と認定してくれる
資格です☆
昨日お話したアロマテラピーアドバイザーの資格を取得したら
アロマ協会の示す12項目のカリキュラムを習得します。

アロマテラピーの定義
タッチング論
日本アロマ環境協会
精油学各論
ボランティア論
アロマテラピーの歴史
解剖生理学
ホームケア論
精油学総論
健康学
アロマテラピーインストラクターの心得

上記の試験に合格し、登録すると認定されます☆

試験は年に2回・・かな(;^_^A ??
一次試験と二次試験があります。
但し、協会認定校で所定のカリキュラムを終了し
各種手続きをなさると二次試験が免除されます。

この辺の試験はもう、独学では無理です。
(独学でも取得される方もいらっしゃいますが・・・)
やっぱり、アロマのプロから系統立てて教わると
頭に入りやすいし、また、実践なども学べるので
アロマテラピースクールに通うことが1番ですね☆
アロマテラピーという共通の友人もたくさんできますし
後々、マッサージのしあいっこもできるし(='m')
独学では学べないような事も学べるし・・。
資格も取りやすいです。

私は元々は美容師だったのですが
友人がアロマセラピストになったのをきっかけに
アロマに魅了され、美容師を辞めてスクールに通いました。
とっても、楽しかったですよ☆

美容師を辞めた時は、親に「宝のもちぐされ」なんて
嫌味いわれちゃいましたがσ(^_^;)
別に、いつでも復帰しようと思えばできるし
いいじゃんd( ̄  ̄) でかわしましたが・・。

と、いうことで今日はおしまい☆
今からマッサージ〜〜!!

posted by クミ at 01:20 | アロマテラピーの資格

2008年10月25日

アロマテラピーアドバイザー

こんばんわ☆
今日は簡単にアロマテラピーアドバイザーに
ついてお話させてもらいます(⌒^⌒)b

アロマテラピーアドバイザーって?

日本アロマ環境協会の資格には以下の5つの種類があります。

アロマテラピー検定2級
これは、自分でアロマを楽しんだり健康に役立てるための
知識を検定するもの。
誰でも、受験が可能です。

アロマテラピー検定1級
この資格はアロマテラピーを、家族や友人など
身近な方と楽しんだり、健康に役立てる知識を検定するものです。
誰でも受験が可能です。

今日お話する、アロマテラピーアドバイザー☆
この資格はアロマテラピー検定1級に合格した後
日本アロマ協会に入会し、その後でアロマテラピーアドバイザー
認定講習会を受験して登録手続きを取ると
認定されます。
詳しい詳細はまた後で☆

アロマテラピーインストラクター
この資格は一般の方や地域社会で安全に正しい知識を持ち
アロマテラピーを実践できるように
アロマテラピー専門家として指導できる能力を
認定する資格です。

アロマセラピスト

アロマセラピストは一般の方々に
アロマテラピートリートメントやコンサルテーションを
含めたアロマテラピーを提供できる揚力を認定する資格です。
この資格に関してはまた後日お話させてもらいます<(_ _)>

とこの5種類になります。

2級、1級認定後得られる資格が
このアロマテラピーアドバイザーです。

この資格はアロマテラピーで使用する精油や基材、材料など
作用やその扱い方といった
さまざまな知識を持ち、その事を一般の方に
正しく伝えることのできる能力を認定する資格です。
法律面や安全性の知識も必要となってきます。

アロマテラピー検定1級合格後に
日本アロマ環境協会に入会し、アロマテラピーアドバイザー
認定講習会を受講し、登録手続きをすると
アロマテラピーアドバイザーに認定されます。
スクールに通ってる方はアロマ協会の認定校で
標準カリキュラムを終了し、学校が発行する
アロマテラピーアドバイザー認定講習会免除申告書を
協会に提出すると所定の審査を通過後に
アドバイザ−認定講習会の受講が免除になり
登録手続きを取るとアロマテラピーアドバイザーに
認定されます。
なので、スクールに通った方が1番確実で
先生からのサポートも受けられますから
アロマテラピーのプロを目指してる方は
スクールで学ぶことをお勧めします☆

検定当日の注意として
絶対に忘れてはいけないのが「受験票」
受験を申し込むと送られてくる受験票は
試験を受けるために、とっても大切なものでもあります。
なくしちゃったりしたら試験が受けられないので
きちんと保管し、受験当日は忘れないように気をつけてね☆
それと・・・遅刻は絶対禁です!!
受験会場は主に大学や専門学校で行われます。
当日、落ち着いて受験するためにも
余裕をもって行くようにしましょう☆
また、試験に香水など香りを持ち込まないように。
他の受験者の迷惑になります。

と、まぁ、こんな感じでアロマテラピーの検定は
年齢や性別など関係なく受験できるのがいいところでもあります。
認定されると、自分の毎日の生活が大きく変わってきますよ☆

私もアロマセラピストになってからは
生活の中にアロマを必ず取り入れるようになり
日常の生活のあり方が変わりました。
とっても楽しいですよ☆

posted by クミ at 23:56 | アロマテラピーの資格

2008年10月12日

アロマテラピー検定

こんにちわ☆
おとといの夜から高熱がでて
今、やっと40度まで熱が下がりました。
体のあちこちが痛くて、バラバラに砕けそうです(;O;)
でも、がんばって更新です☆

今日はアロマテラピーの検定に関する
お話をさせてもらいますね☆

アロマテラピーの素晴らしさを知り
資格をとってキャリアにつなげたいと思う方や
アロマテラピーの知識を仕事として生かしていきたい・・
などと考えられてる方に
資格を取得するための勉強方法など
紹介させてもらいます。

ではっ!アロマテラピー検定って?

アロマテラピー検定は1級と2級の2段階になってて
アロマテラピーを楽しむための知識を問うものでもあります。
1級合格はアロマテラピーアドバイサーやアロマテラピー
インストラクター・アロマセラピストなどといった
プロフェッショナル的な各種資格の受験資格でもあるんです。
この先、アロマを仕事としていきたいと考えられてる方は
最初の1歩でもあるのです。

アロマテラピー2級

日本で一番ポピュラーなアロマ関連の資格・(社)日本アロマ環境協会のアロマテラピー検定2級を受ける際に覚えておかなければい..



自分の楽しみや健康のために必要なアロマテラピーの
知識が問われます。
出題数は;;;;(;・・)ゞウーン40問ぐらいだったかな?
試験時間は50分です。

香りのテストや安全のための注意
精油のプロフィール(10種類です)
アロマテラピーの利用方法
精油の基礎知識
アロマテラピーの歴史

などなどです☆

次にアロマテラピー1級

日本で一番ポピュラーなアロマ関連の資格・(社)日本アロマ環境協会のアロマテラピー検定1級を受ける際に覚えておかなければい..



1級ではアロマテラピーを家族や周囲の人々と一緒に楽しみ
健康維持に役立てるための知識が問われます。
出題数は50問程度。
試験時間は70分です。

香りのテストや精油が働く仕組み
精油のプロフィール(20種類)
アロマテラピーの利用方法と基材
ストレスや疲労に負けない健康法
にプラス2級での出題範囲までとなってます。

試験の形式は記述式選択肢から選ぶ方式です。
ゆ〜くりと落ち着いて問題を読んで
ρ(・・。) コレと思うものを選ぶんです。

アロマテラピーの検定1級と2級は
検定テキストが出版されていて出題も
その中からなので独学でも十分☆

でも、アロマテラピーインストラクターの試験は
解剖生理学や健康学をを含む12項目の
カリキュラム、アロマセラピストには14項目の
カリキュラムと実技が対象となってきます。
プロとしてこの2つの資格については
スクールで学ぶことをお勧めします。

※インストラクターを受験される方は
1級対応セットと2級対応セットと合わせて
このセットが対象になります。

日本で一番ポピュラーなアロマ関連の資格・(社)日本アロマ環境協会のアロマテラピーインストラクター検定を受ける際に覚えてお..



今日は、アロマの資格を独学で取得したいなぁ。。
と思われてる方にアドバイスでした☆
是非挑戦してみてくださいね(^^)




posted by クミ at 14:40 | アロマテラピーの資格

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。